関東甲信越統括支部 コーラー・キュアー十則


2010年12月18日
関東甲信越統括支部認定


           <コーラー・キュアーは>

 1 常に学ぼう
     マンネリ化にならぬ様、歴史、スタイリング、マナー等も含め指導技術を常に学び、研鑽し、
    ダンサーが楽しく踊れるように努力しましょう。
 
 2 クラブ・関係組織に積極的に協力しよう
     クラブ、関係組織に積極的に関わりを持ち普及発展活動に協力しましょう。
 
 3 良きダンサーであろう
     自分自身も一人のダンサーとして積極的にダンスの輪に加わり、正確に正しく踊れるように心がけ、
    ダンサーの気持ちやニーズを理解し指導に活かしていきましょう。
 
 4 常に音楽的要素を大切にしよう
     いろいろな角度から音楽的要素を勉強しダンサーにとって快い雰囲気をつくりましょう。
 
 5 常に身だしなみに気をつけよう
     いつも清潔な服装に気をつけ、身だしなみに注意しましょう。
 
 6 常にダンサーの状況に応じてコール・キューイングしよう
     自分のプログラムを押し付けるのではなくダンサーの状況、ニーズに合わせた指導をしましょう。
 
 7 心地よく聞き取り易い発声、発音に心がけよう
     ダンサーはあなたの言葉を聞いて踊ります、聞きやすい発声、発音に注意しましょう。
 
 8 スクエアダンス・ラウンドダンスを楽しむ心を大切にしよう
     自分自身がダンスを愛し、ダンサーが楽しむ心を大切にし、その心を活かす指導をしましょう。
 
 9 温かさとユーモアを持って接しよう
     温かさとユーモアをもって、ダンサーに明るくわけ隔てなくせっし、指導しましょう。
 
 10 常に時間を守ろう
     音響機材の設置準備や指導時間を守り、ダンサーに迷惑をかけないようにしましょう。


 もどる
inserted by FC2 system